スキンケア

乾燥する季節に最適!ホホバオイル保湿でもちもち肌になる

更新日:

「命の植物」と呼ばれるホホバ。その実や種子から作られた天然オイルがホホバオイルです。

グレープシードオイル、アーモンドオイルなどいろいろな美容オイルがありますが、最も肌に優しいのがホホバオイルです。

主成分である「ワックスエステル」が人間の角層とほぼ同じ成分なので、非常に肌に馴染みやすく、使うと肌が柔らかくなっていくのが分かります。

また、低刺激なので敏感肌の人や赤ちゃんにも使える上、アレルギーが起きにくいという特徴があるので、アトピー性皮膚炎の保湿やスキンケアにも最適なんですね。

さらに、ホホバに含まれているトコフェロール(ビタミンE)は、肌の劣化や老化に効果のある抗酸化作用がありますので、エイジングケアにも使えるという、まさに万能と言えるオイルになっています。

ホホバオイルの選び方

頭皮や体全体のボディマッサージ、リンパマッサージ、入浴剤などとしても使えるホホバオイルですが、今回は「乾燥肌対策」にスポットをあててお話しをすすめていきますね。

ホホバオイルは2つに分類されます。

2種類

ゴールデンホホバオイル:100%天然・無精製・金色
リアホホバオイル:化学処理を行っているため、ホホバの栄養分は少なめ。透明

個人的には、ゴールデンホホバオイルを使ってほしいところですが、価格が高めなのがちょっと・・・という場合はクリアホホバオイルを選ぶと良いでしょう。

ただし、栄養分が少ないクリアホホバオイルにアルガンオイルを混ぜるなどして、栄養を加えるのであれば、最初からゴールデンホホバオイルを使うほうが金額的にはお安くなるので、このあたりは冷静に考えてみてください。

ゴールデンホホバオイルの、天然ならではの青臭いような香りがどうしても苦手という場合を除いては、クリアホホバオイルを選ばないほうが良いということをお伝えしておきます。

選ぶならゴールデンホホバオイル!

ホホバオイルの使い方

つける順番

スキンケアを行うときに、「ホホバオイルはどのタイミングでつければ良いの?」という疑問が出てくると思います。

下記の順番でつければオッケーです。

化粧水 → ホホバオイル → (美容液 → 乳液 →) クリーム

ポイントは、洗顔後につけた化粧水が完全に乾ききる前、軽く濡れた状態につけることで保湿力がアップしてくれるというところです。

量はそれほど必要ではなく、2~3滴程度で十分伸びてくれますよ。(化粧水に加えてもOKです)ホホバオイルを使うときは、美容液と乳液は省いても大丈夫です。美容液と乳液の代わりにホホバオイルを使うというイメージですね。

私は、朝のメイクのときには使わず、お風呂上がりの就寝前のスキンケア時のみにつけています。

ちなみに、ホホバオイルでのケアは毎日ではなく、週に2回程度にしています。オイル系でのケアをやりすぎるとニキビの心配があるのと、「美容液+乳液」でのケアを無くすのは、やっぱり勇気がいりますからね。

クレンジングにも使える

肌の乾燥の原因になっているのが、メイクオフのときに使うクレンジングです。

濃いメイクは落ちやすいクレンジングを使わなければ・・・と考えて、肌の油分までもごっそり落としてしまうことがよくあるのですが、これが乾燥の原因になっています。

ホホバオイルは、油分を落としすぎないのに、メイクをさっと浮かせてくれて、さらに毛穴の奥の汚れも取り除いてくれるんです。最高の化粧落としですよね。

液体の洗顔料を愛用しているなら、洗顔料とホホバオイルを1:1の割合で混ぜると、メイクオフしながら洗顔が出来てしまいます。疲れていて「メイクオフと洗顔を同時に済ませたい!」というときには、最高に便利です。

ただ、洗顔石鹸を使っている場合、泡立てながらホホバオイルを混ぜ合わせるのはなかなか難しかったりするので、別々に使うほうが良いかもしれませんね。

黒ずみや角栓ケアも出来る、肌に優しいクレンジングを探している女性は多いと思うのですが、ホホバオイルがひとつの答えだと思います。

私は体調を崩したときに、頬と髪の毛の生え際にアトピーが出るのですが、ホホバオイルは全く刺激が無いので安心して使えています。ご参考まで。

オイルパック

保湿マスクなどを使わなくても、ホホバオイルでお手軽パックを行うことが出来るんですよ。

蒸しタオルを使う方法もありますが、より簡単で手軽なのが、お風呂で行うオイルパックです。

やり方はすごく簡単で、

入浴中、洗顔したあとに顔全体にホホバオイルをつけ、そのまま湯船に10分程度浸かるだけ

というものです。

適度に汗をかいていることと、湯気によって毛穴が開いている状態なので、ホホバオイルが浸透しやすくなっています。もちろん、顔だけでなくボディのマッサージに使ってもオッケー!

ホホバオイルは、「ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE」などの栄養素を含みますので、もしかしたら、美容皮膚科のシミ治療で行われる「ビタミンAイオン導入」的な効果もあるかもしれません。

まぁ、さすがにそこまでは無理だとしても、普通にホホバオイルを塗るときよりも良い結果になるのは間違いないので、ぜひ試してみてください。

肌が柔らかく、もちもちになるのを実感できるはずです。

湯船にいれて入浴剤代わりに

プチプラの入浴剤を使うよりも、ホホバオイルを10滴くらい湯船にいれて、よくお湯をかき混ぜながらつかるだけでも、お肌のしっとり度がアップします。

肌荒れや湿疹、かぶれなどにも良い成分がたっぷり入っているので、肌に優しく刺激のない入浴剤になってくれるはずです。

ホホバオイルの特徴と使用期限

ホホバオイルについて、その他に知っておいたほうが良い知識をご紹介しておきます。

メモ

温度が10℃以下になると固まります
酸化しにくいオイルですが、開封後は1年程度で使い切るようにしましょう

今回は乾燥肌対策として、顔に塗るときのケアについてご紹介してきましたが、ホホバオイルはヘアオイル代わりにも使えますし、ネイルケアにも使えます。

乾燥しがちな唇にも、リップクリームとして使うのもおすすめです。私は年齢が気になる首元やデコルテにも塗り塗りしていますよ。

また、ホホバオイルには「皮脂の分泌を正常にしてくれる」という働きがありますので、テカリやニキビの解消にも役立ってくれます。

オレイン酸の量が多すぎると、肌荒れの原因にもなってしまいますが、ホホバオイルのオレイン酸含有量は5 ~ 15%と少なめなので、敏感肌でも安心して使えるのです。

乾燥肌、脂性肌、敏感肌など、どんな肌タイプにも使いやすい、まさにオールマイティなオイルがホホバオイルなんですね。

殺菌・抗菌作用があるので、湿疹や傷になっているところに使えるのも非常に助かります。傷跡が治りやすいという声もよく耳にします。

ホホバオイルはオーガニックを選ぶ

天然のゴールデンホホバオイルを選べば、安全に体全体のケアに使えますので、その効果を最大限に活かすためにもクリアホホバオイルよりもゴールデンホホバオイルを選んでください。

私が今まで使った中では、この「ナチュラルオーケストラ」のホホバポイルが一番だと感じています。もちろん、オーガニック認証の製品です。

オーガニック認証

  • [ECOCERT]:世界最高権威フランス有機認証機関
  • [COSMOS] :ヨーロッパ統合有機認証機関
  • [USDA]:アメリカ農務省
  • [ACO]:オーストラリア政府登録機関

公式サイトはこちら

ホホバオイルの配合成分

  • アラキジン酸
  • エイコセン酸
  • エルカ酸
  • オレイン酸
  • カロチノイド
  • ステアリン酸
  • パラミチン酸
  • ビタミンA・ビタミンE
  • ベヘン酸
  • リノレン酸
  • ワックスエステル

-スキンケア
-, ,

Copyright© 30代 スキンケア【乾燥肌を解消するための美肌ケア!】 , 2018 All Rights Reserved.