敏感肌 脱毛

敏感肌の悩みを解消するために見直したいアイテム

更新日:

30歳という年齢が境界線かのように、肌トラブルが少しづつ増えていくような気がしています。

特に、以前よりも肌が刺激に対して敏感になっている感覚があって、「もしかして敏感肌なのかしら?」と不安になるんですよね。

湿疹や乾燥でかゆみが出てしまったり、肌が炎症を起こして赤くなってしまったり、敏感肌が原因だと思われる症状がいろいろとあります。頭皮や顔を始め、全身がカユカユになってしまうことも・・・。そこまでになってしまえば、生活そのものを見直すべきだと考えています。

30歳を越えたら、敏感肌の原因になっているかもしれない身の回りのものをチェックし、肌に負担がかかりにくいものを選び直すことで、敏感肌の解消につなげていきたいですね。

ボディソープ

基本的に、お風呂まわりのアイテムや化粧品を選ぶ基準を「アトピー性皮膚炎でも使えるもの」としています。

いろんな製品がある中で、最も肌への刺激が少なく、体に負担がかかるような成分が配合されていないというのがその理由です。

アトピー用の石鹸は高保湿なので、軽い乾燥肌程度であれば、切り替えるだけですぐに改善してしまうこともあります。なので、これは絶対に見逃せないポイントなんですね。

配合成分などをチェックするときはこちらを参考にしてみてください。

メモ

  • セラミドやアルギニン、ホホバオイルなどの保湿成分
  • もっとも肌にやさしい洗浄成分である「脂肪酸炎(石けん)」

「弱酸性」や、アミノ酸系など、肌にやさしい洗浄成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。逆に、避けたい成分はこちらです。

  • ラウリル硫酸◯◯
  • パラベン
  • 安息香酸塩
  • エデト酸塩
  • 鉱物油
  • その他

市販されているものだと、下記の製品の評価が高いですよ。

クリアレックスWi(第一三共ヘルスケア)

そのほかのボディソープ

  • ハーバルボディソープ リフレッシュ(MARKS&WEB)
  • ミノン・全身シャンプー(第一三共ヘルスケア)
  • ショコラドバーン

赤ちゃんや小さな子どもにも使えるものであれば間違いないでしょう。

正しいボディーウォッシュの使い方

顔でも体でも同じなのですが、石鹸類は「しっかり泡立ててから使う」というのが基本中の基本です。泡が汚れを吸着してくれますので、ナイロンタオルなどを使ってゴシゴシやる必要などありません。

また、界面活性剤は肌に残っていると角質を取り去ってしまって乾燥しやすくなるので、しっかりすすぐことも忘れないようにしてください。

一時期、「タモリ式入浴法」というのが話題になりましたね。福山雅治さんも実践していたそうですが、これは、

 湯船に10分程度浸かれば、汚れはほとんど落ちるので、ボディソープなどを使う必要はない

というものでした。福山さんはデリケートゾーンもボディソープを使わないと発言していました。

ただ、女性の場合は、なかなかそういうわけにも行かないので、できるだけ肌に負担がかからない洗い方をするようにしましょう。

お風呂上がり

お風呂から上がって濡れた体を拭くときも、柔らかくて水分吸収の良いボディタオルで、優しく抑えるようにして拭き上げましょう。

乾布摩擦のようにタオルの両端をもって、ガシガシやるのは避けてくださいね。

今治タオルのあの柔らかさと水分吸収力の素晴らしさを体験してしまうと、他のタオルは使えなくなるくらいですが、なかなかのお値段がするので、全部のタオルを今治製で揃えるのは難しいかもしれません。

また、「柔らかいほうが良い」からと言って、柔軟剤を大量に使うのはおすすめしません。

化学成分敏感症の場合は、柔軟剤の香りで鼻がグシュグシュになってしまうこともあるからです。安価すぎるタオルを使わないというのが一番の解決策だと思います。

お風呂で温まった体の熱がある程度引いてきたら、全身を保湿クリームで保湿することも忘れないようにしたいですね。乾燥がかゆみの元になりますから、クリームを塗るのはかなりの効果があります。

シャンプー

敏感肌の場合は、シャンプーにも気を配ったほうが良いです。

プチプラのシャンプーは添加物が山のように入ってるので、洗い上りがパサパサになったり、ひどいときは頭皮湿疹ができたり、頭皮ががめくれてきたりします。フケが出やすくなるのも困りものですし。

シャンプーの泡が体についたせいで、肌がかぶれることもありますから、丈夫な肌を持っていない限り、プチプラシャンプーは使わないようにしましょう。

「無添加」「アミノ酸系」「薬用」「医薬部外品」などの製品を選んでおけば間違いないです。

  • ミノン・薬用ヘアシャンプー
  • nov
  • haruの黒髪スカルプ・プロ
  • 資生堂・dプログラム ヘア&スカルプ シャンプー AD

私が過去に使って、かなり良かったと感じたのが「馬油シャンプー リマーユ」でした。

配合されている馬油(マーユ)が髪の毛に優しく、地肌へのストレスもゼロ!

このシャンプーを使いだしてから、髪の毛にツヤと潤いが出てきて、小学生の美髪の女の子みたいな髪の毛に変わったので、かなりテンションがあがりました。馬油は人間の皮脂に近い成分なので、アレルギーなども起こしにくいのも良いですね。

ずっと使い続けていれば良かったんですけど、新しいシャンプーが発売されると、どうしても使ってみたくなるんですよね。この性格のせいで、今までどれだけ気に入っても半年以上使い続けたシャンプーはないのです。。。

でも、リマーユはもう一度使ってみたいシャンプーなのは間違いないですね。

シャンプーブラシ

ネイルをしているので、細心の注意を払いながら、指のはらをつかってシャンプーしているものの、時々爪が当たってしまうことがあるんです。

頭皮や髪の毛にもよくないし、ネイルの劣化も早くなりそうなので、ブラシを使って洗うようにしています。

いろいろなヘアブラシを使っていましたけど、今は無印良品のヘアマッサージブラシ(380円)を愛用中です。

数年前の話なんですけど、モデルの西山茉希さんは、柔らかめオンシリコン製マッサージブラシで、首周りのリンパマッサージもしてると聞いたことがあります。先の尖っていない製品なら、こういう使い方もあるんだなと感心しました。

シェーバー

敏感肌の女性にとって、最大の難関というか最強の敵が「ムダ毛処理」だと思うんですよ。

顔そりで顔が痒いとかしょっちゅうですし、脇の下や手足、デリケートゾーンなど、ムダ毛処理したあとに肌荒れした経験など、一度や二度じゃないですから。

以前は、女性用の貝印のカミソリを使っていたんですが、新しく付き合い始めた彼氏の一人暮らしのお風呂にあった、男性用の5枚刃のカミソリをこっそり使ってみたことがあったんです。そのときに感じたスムースなそり心地の感動はいまでも忘れることができないですね。

とにかく、肌に負担がなく簡単にムダ毛処理ができたうえに、処理後のいじいじしたような肌の違和感がまったくなかったんです。

ここから完全にシェーバーに興味が出て、私のムダ毛処理スキルは格段にアップしていきました。一時期は男性用の電気シェーバーの「パナソニック ラムダッシュ」も使っていましたが、脇の下とデリケートゾーン(VIO全部)は脱毛クリニックで処理したので、

  • 顔そりはジレットの5枚刃
  • 手足は脱毛クリーム

をもっぱら愛用しています。もし、ワキ脱毛をしていなかったら、脱毛器を使っていると思います。

わきの下とVIOは永久脱毛しました

脇の下もそうですが、VIO脱毛をして本当に大正解だと感じています。生理中にデリケートゾーンが蒸れたり、生理用品でかぶれてかゆくなることがほとんどなくなったので、アンダーヘアは無い方が快適だと気づいたからです。

友達にも、ハイジニーナを勧めているのですが、なかなか賛同を得られないんですよね。海外セレブや日本のモデルさんやグラドルさんたちの間では、当たり前になってきているんですけどね。

基礎化粧品

敏感肌は、スキンケアに手をかけすぎることも原因のひとつだと言われたりもしますが、私は納得できないですね。

30歳を超えると、加齢の影響で潤い成分やハリや弾力を保つ成分が減ってくるのは証明されているので、これを補うのにスキンケアは欠かせないと信じているからです。

それよりも、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、食事の栄養バランスが悪いことのほうが、敏感肌になっている原因としては大きいと思うので、基礎化粧品でケアすることは絶対に必要だと思います。

敏感肌が選ぶならこの基礎化粧品

ということで、敏感肌の女性が選ぶべき基礎化粧品について。

ヒリヒリしたり、痒みや赤みが出たり、かさついたりするのを防ぐということからも、配合成分のチェックはしっかり行うようにしましょう。

私は、保湿こそ敏感肌を解消する最高の方法だと考えているので、保湿効果の高い成分が配合されている製品を選ぶようにしています。セラミド(1,2,3)が基本です。

他には、 こちらの成分が配合されていれば良いですね、

美容成分


保湿効果とバリア機能回復:ヒアルロン酸Na・グリセリン・エチルヘキサン酸セチル・ベントナイト
抗炎症:コウキエキス

私はあれこれ試した中で、アトピーでも安心して使えるくらい低刺激の、小林製薬のヒフミドをヘビロテ中です。

公式サイトはこちら

一度トライアルセットを取り寄せたことのある、「ノブ」もかなり良かったですよ。

もし、これらの製品をつかっても刺激を感じるようであれば、皮膚科を受診し、薬を処方してもらうことも考えたほうが良さそうです。

逆に、避けるべき製品は、「アルコール(エタノール)・香料・防腐剤(パラベン類)・○○酸ナトリウム・合成着色料・鉱物油」などが配合されたものですね。できるだけ肌に刺激を与えないことを考えるなら、これらの成分は避けたほうが無難です。

ベーシックなケアにプラスするなら、ホホバオイルがおすすめです。詳しくは、 こちらに書いていますので、よかったら読んでみてください。

乾燥する季節に最適!ホホバオイル保湿でもちもち肌になる

乾燥する季節に最適!ホホバオイル保湿でもちもち肌になる

「命の植物」と呼ばれるホホバ。その実や種子から作られた天然オイルがホホバオイルです。 グレープシードオイル、アーモンドオイルなどいろいろな美容オイルがありますが、最も肌に優しいのがホホバオイルです。 ...

続きを見る

ときどき、このホホバオイルを使ってリンパマッサージを行ったりもしています。

ちなみのフェイスマッサージのやり方は、youtubeにアップされてる顔のリンパマッサージの動画(何かのテレビ番組のワンコーナー)を参考にしています。有名な美容家の人が教えてくれてたので、かなり効果はありそうです。

化粧品

健康な肌のひとであれば、プチプラのコスメを使っても肌トラブルは起きないのかもしれませんが、敏感肌の場合はそうはいきません。

「プチプラではなく、デパコス」が合言葉です。もちろん、デパートに出店しているメーカーの中から、より低刺激なものを選び出す必要はあります。

敏感肌でも不安なく使える各アイテムをご紹介していきますね。

bbクリーム

  • フォルミュール・プロテクト BB クリーム マルチブロック
  • ラ ロッシュ ポゼ・UVイデア XL プロテクションBB
  • d プログラムアレルバリア エッセンス BB

ファンデーション

  • ベアミネラル
  • レイチェルワイン

ミネラルファンデーションを選ぶのがポイントです。

マスカラ

  • エトヴォス・ミネラルロングラッシュマスカラ
  • エコリュクス・ナチュラルマスカラ
  • アクセーヌ・ジェントルマスカラPV

低刺激のノンケミカルタイプを選びたいですね。

なお、つけまつげを楽しみたいという場合は、つけまのグルーがトラブルの元になったりもします。低刺激の医療用テープに使われるのりで作られた「D.U.P アイラッシュフィクサーEX522」などを選んで、肌の弱い目の周りが荒れたりしないようにケアしましょう。

口紅

すっぴんでもリップだけは欠かせないと感じている女性は多いと思います。なにはともあれ「唇に色を」ですもんね。

しかしながら、敏感肌だと「口紅を塗ると皮がむける」という悩みがあるので、荒れない口紅を使いたいのです。こちらは唇に優しいですよ。

エトヴォス ミネラルシアールージュ

選び方のコツ

選び方のコツとしては、ホホバオイルやスクワランなど、保湿成分配合のリップを選ぶようにします。

もし、グロスでぷるんぷるんの唇に仕上げたいのであれば、まずワセリンを塗ってから、その上に重ね付けすると良いですよ。

数年前に終売になってしまったんですけど、アニエスbの3Dエフェクトグロッシーリップスティックはなかなかよかったです。

ホホバオイルやシアバターが配合されていたので、唇に負担をかけず、かなりぷるんぷるんになりました。またどこかが販売してほしいものです。

dプログラムの敏感肌用口紅「リップトリートメントカラー」も、かなり評価が高いようですね。

フェイスパウダー

キレイな肌に仕上がるのが好きで、肌荒れを隠したい時以外はフェイスパウダーを使っています。ふんわりとなるのが好みなので、ルースパウダー専門です。

いろいろなコスメブランドからルースパウダーが発売されていますけど、もちろん低刺激のものという基準で選んでいますよ。

  • カネボウ・フェースアップパウダー[ミラノコレクション2017]
  • コスメデコルテ AQMWフェイスパウダー

残念だったのは、NOVのルースパウダーです。他のノブのアイテムは良いんですけど、なぜかフェイスパウダーだけはかゆみが出てしまって、すぐに使うのをやめてしまいました。

何が悪かったのかわからないんですけど、「すべての方に、皮フ刺激やアレルギーが起こらない、にきびができないわけではありません。」というところに当てはまってしまったのが悲しいです。

メイク落とし

スキンケアの基本は「メイクオフと洗顔」だと考えているので、クレンジング選びはかなり慎重です。

特に、クレンジングが合わないとすぐに肌荒れしてしまうので、「素早くメイクが落とせて、肌に優しい」というのは外せない条件なんです。

肌への負担が少ないということで、ミルククレンジングかクレンジングクリームを選ぶようにしています。

今現在は「ノブII クレンジングクリーム」を使っていますが、テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルクに興味があるので、近々つかってみようと思っています。

あと、生理前などで肌が揺らいで、かなり敏感になっているときは、ポイントメイクで済ませるということも取り入れたほうが良いでしょう。

できるだけクレンジングで肌に負担をかけないということを基準にしておいたほうが、絶対にトラブルが少ないですからね。

その他、注意したいもの

肌につける基礎化粧品やコスメ、肌の潤いを奪いがちなシャンプーやボディソープなどに注意を払うのは当然として、その他にも敏感肌さんには注意したいものが生活の中に紛れ込んでいます。

その中でも、気をつけたいものをいくつかピックアップしておきましたので、ご自身の暮らしと照らし合わせてみてくださいね。

洋服

下着

ブラジャーやショーツなどの下着類で、肌に痒みがでたりすることも多いですよね。

敏感肌専門の超低刺激下着専門店の「クオーレ・アモーレ」などもありますし、ベルメゾンネットでも敏感肌用の下着が手に入りますので、利用してみてください。

タイツ・レギンス

寒い季節には欠かせないタイツやレギンスですが、静電気がおきやすい化学繊維のものは、肌が乾燥しやすかったり痒みが出たりしやすいです。

綿100%のものを選ぶようにしましょう。下着のところでもご紹介した「クオーレ・アモーレ」では、コットンを特殊加工した「BMK(バイオメディカルコットン)」という素材を使用しているので、ほとんど刺激を感じないと非常に評価が高いです。

脱いだときに、パーっと粉が散るような状態なら、試してみるのも良さそうですね。

また、ウールのマフラーやセーターなども、肌にチクチクと刺激になって敏感肌には向きません。流行などもあるので着こなしたい気持ちもわかりますが、できるだけ避けたほうが良さそうです。

寝具

長時間体に触れることになる寝具にも気を配りたいですね。

ダニがアレルゲンになることもあるので、こまめに掃除することや、ダニ取りアイテムを利用するほうが良いです。枕カバーやシーツも何枚か用意して、こまめに洗濯するようにします。

ときどき、裸でベッドに入るという習慣がある人がいますが、以前何かのテレビ番組で、東京環境アレルギー研究所所長の白井秀治氏が「ベッドがダニだらけになる」と言っていました。

裸で寝るというと、海外の女優さんみたいで素敵ですが、衛生的にも健康的にもやめておいたほうが良さそうですね。

無印良品で「二重ガーゼパジャマ」というのが販売されているのですが、オーガニックコットン使用で、脇に縫い目がないので、かなり快適です。アトピーさんの愛用者も多いみたいですよ。

また、防ダニ対策を施した寝具もあるので、そちらを利用するのもありだと思います。

食べ物でも敏感肌対策

肌トラブルは食事が欧米化してから増加したと言われています。日本人が昔から食べてきた食事に切り替えるだけで、かなり状態は改善していくことが多いので、和食中心にしてみましょう。

また、

  • 肌荒れの原因のひとつだと言われる植物油たっぷりのスナック菓子やインスタント食品など、ジャンクフードを避ける
  • 血行が悪くなる冷たいものはできるだけ避けるようにする

なども基本です。

敏感肌を改善するための栄養素

敏感肌を改善するための栄養素と食材は下記の通りです。

タンパク質:肉類・大豆など
ベータカロチン:緑黄色野菜など
ビタミンC:ブロッコリー、レモンなど

タンパク質は肉類からだけ摂らず。大豆や魚などからバランスよく食べたいですね。(乾燥肌対策にもタンパク質は欠かせません。)

体に取り入れた栄養素を体の隅々まで運ぶのが血液ですから、鉄分もしっかり摂るようにしましょう。

  • 鉄分:レバー・ほうれん草・パセリなど

ヨーロッパで、アトピー性皮膚炎の治療に用いられている「γリノレン酸(オメガ6系脂肪酸)」のオイルも取り入れたいですね。

  • 月見草油
  • 大麻油
  • ボリジオイル

抗炎症作用があり、かゆみを軽減してくれるので、肌トラブルを解消するには最適なオイルです。低温圧搾されたオーガニック製品を選ぶと間違いないでしょう。遮光ビンに入ったものがベストですよ。

バランスの良い栄養を食事では摂りきれないときは、サプリメントを利用するのも効果的です。

美容食材として長い歴史をもつ「ツバメの巣」も、ここ数年ブームになっています。

美巣(天然ツバメの巣):年齢を感じさせないプルプル素肌に!

最高品質のツバメの巣 セレブ愛用の「美巣~bisu~」>>> 公式サイトはこちら 世界三大美女のひとり、楊貴妃も美しさのために食していたというツバメの巣。 現代でも、香港や世界の富裕層(セレブリティ) ...

続きを見る

美巣

-敏感肌, 脱毛
-, ,

Copyright© 30代 スキンケア【乾燥肌を解消するための美肌ケア!】 , 2018 All Rights Reserved.