毛穴

毛穴の角栓や汚れを取る!【オロナインパック】

更新日:

以前、とあるバラエティ番組で「人に言われて傷ついたこと」というテーマでのエピソードが紹介されてたんですが、その中のひとつに、

「彼氏といい雰囲気になってキスしようとしたとき、『毛穴、大きいよね』って言われて落ち込んだ。」

というものがありました。

デリカシーの無い彼氏だなと思うより先に、「もしかして、私もそんなふうに思われたことがあるかも?」と、背筋がぞっとしたことを今でも覚えています。

それくらい、毛穴が目立つことに対する恐怖心は、すごく大きいものなんですね。女性ならきっと理解してもらえると思います。

毛穴目立ちの原因とケアの方法を、「毛穴目立ちを解消してツルスベ美肌になるために知っておきたいこと 」でご紹介したのですが、今回は「まことしやかに噂されている毛穴ケア」について、お話してみたいと思います。

毛穴をオロナインでケア

黒ずんだ小鼻の毛穴をケアするのに、大塚製薬のオロナインを使ったパックが効果的だとSNSで盛り上がったことがありました。「本当かな?」と疑問に思ったので、その方法や、効果があるのかどうかを調べてみました。

オロナインパックのやり方

【用意するもの】:オロナインと毛穴パック

  1. ぬるま湯で軽く洗顔して汚れをとったあと、水気をタオルでとり、小鼻にたっぷりオロナインを塗る。
  2. 浸透させるためにしばらく待つ。(5分~10分)
  3. 洗顔フォームを泡立てて、オロナインをしっかり洗い流す。
  4. 毛穴パックを鼻に貼る。
  5. 説明書に従って、推奨されている時間がたったらパックを剥がす。
  6. 冷水で引き締める。
  7. 化粧水などで水分を補給し、しっかり保湿する。

オロナイン配合されている成分はこちらです。

配合成分

  • 殺菌効果がある「クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%配合)」
  • 止血薬の「ラウロマクロゴール」「硫酸アルミニウムカリウム」

説明書には「軽いやけどやあかぎれ、水虫ほかに効果がある」と書かれています。でも、黒ずみ対策になることには言及されていないんですよね。

想像するに、オロナインには汚れを吸着する作用があって、毛穴の奥に詰まった汚れを根こそぎ除去することができるから・・・というのが、毛穴の黒ずみがキレイになると言われている理由ではないでしょうか。

  1. ぬるま湯で洗顔することで、毛穴を開く
  2. 開いた毛穴にオロナインが入り込む
  3. オロナインが汚れを吸着

こういう流れですね。あくまでもこれは私の推測なので、正解かどうかはまったくわかりません。もしかすると、配合されているオリーブオイルが角栓を取ってくれているだけで、オロナインの主成分とは関係ないのかもしれませんね。

実際にオロナインパックを行った人のレビューには、

・角栓がごっそり取れた
・黒ずみがなくなって、肌がキレイになった

というプラスの評価がある反面、

・以前より毛穴が目立ってきた

とのマイナス評価もちらほらと見られました。

少なくとも、防腐剤が使われていなかったり、殺菌作用があることで、肌に悪いということはなさそうなので、肌トラブルの心配はしなくて済むのは確かだと思います。

オロナインパックをして、逆に毛穴が目立ってきたという人は、パック後の毛穴引き締めと保湿を省いているような気がしますね。

毛穴ケアは「毛穴を開けてから閉める」という流れが重要なので、閉めることをしなければ、開いたままになってしまいますからね。そう考えると、オロナインパックって、結構使えるかもしれません。

化粧水と乳液でしっかり保湿して潤いを逃さない!

年齢とともに、肌の中の保水成分であるセラミドやコラーゲンが減少していきます。 「若い頃はハリもあったし、肌が乾燥するようなことはなかったのに・・・」 そう感じている30代の女性は多いのですが、これはも ...

続きを見る

水溶きオロナインでケア

オロナインパックだけではなく、「水溶きオロナイン」というものを作ってケアするという方法もあるそうです。

こちらは毛穴ではなく、肌荒れ対策のようですね。

美容研究家の佐伯チズさんは、肌荒れが気になるときは、この「水溶きオロナイン」を使っているそうです。

作り方

  1. オロナインを適量手のひらにとり、そこに2~3滴の精製水(化粧水でも可)を落とす
  2. よく混ぜて乳液状になったら気になる部分に塗布する

毛穴をニベアでケアする

数年前に大ブームになった「ニベアを使ったスキンケア」ですが、今も安定して人気があるようですね。

そもそもブームになったのは、

ニベアの青缶が外国製の高級クリーム(ドゥ・ラ・メールの高級クリーム「クレーム ドゥ・ラ・メール」)と同じ成分で作られている

ということからなんですけど、成分をチェックすると、ホホバオイルとかスクワランがはいっていたことに驚きました。

具体的なニベアを使ったケア方法は、

1:洗顔
2:化粧水
3:ニベア

という順番で行うんですけど、気になる部分にニベアをチョンチョンとつけておいて、さらに手のひらにニベアをとり、全体に塗りこんでいくだけでオッケーなんですね。

これが基本で、人によっては若干のアレンジも入るみたいです。

例えば、ニベアのあとにベビーパウダーをはたくとか、洗顔と化粧水の間に、ホットスチーマーや蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を開いておくとか。

注意する点は、ニベアを塗ったあとは日焼けしやすくなるので、出かける前は塗らないっていうこと。これはオロナインも同じです。

よく考えたら、サンオイルの代わりにニベアを使うっていうのが中学時代に流行したので、かなり日焼けしやすくなる可能性が高いです。ニベアでのケアは、日中は避けて、夜だけ行うほうがよさそうです。

毛穴汚れを綿棒で取る

小鼻の毛穴に詰まった角栓を、綿棒を使って取るという方法があります。

【用意するもの】:綿棒・オイル

1.メイクが残らないようにしっかりオフしてから洗顔
2.蒸しタオルで3分間ほど温めて、毛穴を開く(
3.綿棒にオイルを染み込ませる
4.ケアしたい部分に綿棒をあて、力を入れずに優しくクルクルと回す
5.終わったら、ぬるま湯ですすぎ、冷水で引き締める
6.保湿して終了

蒸しタオルは、水に濡らして軽く絞ったタオルを、電子レンジ(500w)で30秒ほどチンすれば出来上がります。

ビタミンCで毛穴対策

毛穴目立ちを解消するには、肌へのアプローチばかりじゃなくて、体の内側からも働きかけを行うことも大事です。

「美肌ケアには、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド」っていうイメージがあるかもしれませんが、毛穴にはビタミンCが最適です。

というのも、ビタミンCには、

 皮脂分泌を抑制する → 皮脂腺が広がるのを抑える → 毛穴を目立たなくさせる

という効果があるからです。

また、タンパク質と鉄分を同時にとることでコラーゲンを作り出しますから、潤い素肌を目指すためにも必要不可欠な栄養素なんですね。

アセロラや赤ピーマン、ブロッコリーなどにはビタミンCの含有量が多いので、食事のときには必ず食べるのも良さそうです。

毎食はちょっと・・・という場合は、サプリメントで補給しても良いでしょう。

皮膚科で治療してもらう

セルフケアでは、効果が感じることができない場合は、毛穴治療を行っている美容皮膚科を受診するという方法もあります。

肌質自体を改善する治療を行ってくれるクリニックもありますので、改善しない毛穴でお悩みならば、そういった皮膚科で相談してみてはいかがでしょうか。

-毛穴
-, ,

Copyright© 30代 スキンケア【乾燥肌を解消するための美肌ケア!】 , 2018 All Rights Reserved.