目の下の茶クマを解消【美白ケアで透明感のある目元になる!】

30歳をすぎると、目元に少しづつトラブルが出てきます。目の下に出来る茶クマもそのひとつですよね。

茶クマがあるせいで、「疲れてるね」と言われたり、老けて見られることが多くなってしまうのは本当に困りものですよね。

なので、出来るだけ早く透明感のある目元に戻して、若々しく健康的な印象を取り戻したいものです。

茶クマ解消スキンケア製品をお探しなら、ビーグレンのお試しセットをぜひ!

茶クマが出来る原因とは?

そもそも、なんで茶クマが出来るのかを知ることが、解消するためには重要だと思ったので、あれこれと調べてみました。

茶クマの原因

メラニン色素が沈着している
紫外線ダメージ
目のこすりすぎ

日焼けしたことによる紫外線の影響や、アレルギーなどでつい目をこすってしまうことが茶クマが出来てしまう原因だそうです。

クマにはいろいろな種類があるんです

実は、クマには種類があるんですね。

  • 茶クマ
  • 青クマ
  • 黒クマ

それぞれ、原因やケアの仕方が異なるので、自分のクマの種類を把握しておかないと効果のある対策が出来ないのです。

自分のクマの種類の調べ方

調べ方は簡単で、目の下の皮膚を引っ張ってみることでわかります。

  • 茶クマ:上を向いても色が薄くならない
  • 青クマ:下に引っ張ると薄くなる
  • 黒クマ:上を向くと薄くなる

茶クマはコンシーラーで隠す

自分のクマのタイプを理解しておかないと、コンシーラーでも隠せないので注意が必要です。

茶クマの場合は、リキッドタイプでイエロー系のコンシーラーを選ぶのがベスト!

私も、茶クマ専用のコンシーラー「K-パレット・ゼロクマコンシーラー」のイエローベージュを早速買って使っています。

茶クマを根本的に解消するために

しっかりメイク出来るときは良いんですけど、例えば友達と温泉旅行に行ったときとか、お泊りのときとか、茶クマがあるのをごまかしきれないときがあります。

そういうときに、

「すっぴんでも大丈夫なように、根本的に茶クマを解決しないとなぁ」

と強く思うわけです。

美容外科のレーザーが一番なのはわかっているのですが、それはお金もかかることだし、どうにもならなくなったときの最終手段として残しておくことにして・・・。

まずは、自分で出来るケアをやってみることから始めるのが手軽で良いかなと考えています。

自分で出来る茶クマケアとは?

いろいろと調べてみて、スキンケアで茶クマを解消することが出来るということがわかりました。

ポイントは、下記の成分が配合されている製品を使うということ。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

巨大美容レビューサイトの口コミでは、ビーグレンがかなり良いという評価でした。

ビーグレンで茶クマを解消する!

さらに調べていくと、ビーグレン公式の茶クマケアのおすすめは、アイケアラインではなく、美白ラインだということもわかったんですね。

そのラインが「ビーグレン」なんです。

ハイドロキノンもしっかり配合されています

ビーグレンは、独自の浸透技術で真皮層まで有効成分が入り込むので、メラニンの生成をがっちり抑えてくれるんだとか。

デリケートな目元ですから、刺激の強いものは使えないんですけど、「ビーグレンで刺激を感じたことは一度もない」というレビューを発見して一安心です。

化粧水は数回に分けて、しっかり保湿することが重要なので、ローションもラインにあるのは助かります。

でも、一番しっかり使いたいのは、「ホワイトクリーム1.9」と「モイスチャーリッチクリーム」ですね。

このトライアルセットには、365日返金保証がついているので、とりあえずどんなものかノーリスクで試してみることが出来るのがありがたいですね。

っていうか、ここまでの返金保証をつけているのって、製品に対する自信の現れだと思うんですよ。実際にビーグレン愛用者の口コミをチェックしても、大半の人が高評価ですし。

もちろん、使った全員でバッチリ合うとことはないですけど、そのための返金保証だと思うので、とても良心的な会社だと思います。

公式サイトはこちらです

合わせて行いたい、その他の茶クマ対策

ビーグレンのケアだけでなく、その他にも茶クマをケアするための対策を行って、効率よくクマを消去していきましょう!

日焼け対策

紫外線量の多いゴールデンウィークの頃から夏の終わりまでの期間はもちろん、冬でもサングラスや帽子などで紫外線を防ぎたいですね。

特にサングラスは目元の紫外線ケアには必須アイテムだと思うので、ちゃんとUVカットできるものを使いたいです。

間違っても、1,000円サングラスなどは使ってはダメですよ。

目元を洗いすぎないこと

目元の皮膚はかなり薄いので、ごしごしするのは良くないです。

洗顔のときも、強い力で洗わないこと、必要以上にこすらない意識が必要ですね。

なるべく負担の少ないクレンジングを使う

メイクオフのときも洗顔と同じで、何度もこすらないと落ちないものは避けたほうが良さそうです。

私は、マナラのホットクレンジングを愛用しているんですけど、これはさっとメイクオフできるので、茶クマケアには最適なクレンジングだと思います。

マッサージは避ける

目元ケアといえば、マッサージというイメージがありませんか?

実は、茶クマケアに限っては、皮膚を引っ張るようなマッサージは逆効果だそうです。

寝不足はダメ

十分に目を休息させるという意味からも、寝不足はよくないみたいです。

あと、スマホやパソコンの使い過ぎも、知らないうちに目が疲れる原因になってしまうので、やりすぎないことを頭においておきたいですね。

その他

即効性はないですが、シナール錠(ビタミンC)やトランサミンなどの飲み薬を飲んだり、ヒアルロン酸注射やビタミン点滴を打ってもらうのも良いようです。

いろいろなケアがありますが、茶クマというものは、数ヶ月~年単位で解消していくものなので、気長にケアする気持ちが必要だそうです。

どうしても、短い期間で解消したいのであれば、やっぱり美容クリニックのレーザー治療しかないですね。

更新日:

Copyright© 30代 スキンケア【乾燥肌を解消するための美肌ケア!】 , 2018 All Rights Reserved.